お名前
E-mail
件名
コメント
URL
添付      
変更キー (英数字8文字以内)   記憶  記事No
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー (clickable)
    表示スキップ:  


[196] 絶対無の「場所」 投稿:山田武秋 2019年10月 2日(水)11時

志岐さん、ありがとうございます。水沢の国立天文台水沢観測所が日本代表として
参画し世界初のブラックホール撮影に成功したことで、理論上存在すると言われていた
ブラックホールの実在が証明されたとされています。理論上は、現在の膨張宇宙も
いずれ収縮するということも、可能性の一つと考えられているようですが、多分、
人類がそれを確認できる確率は極めて低いと思われます。それでも、なのか、
だからなのかよくわかりませんが、その先は哲学者の出番になっているようです。
たとえば西田幾多郎の「場所」の論理は、ビッグバンの前について、一つの考え方を
示しているように思います。つまり「場所」とは「無限の有を含む」とされますが、
この考え方に従えば、ビッグバンも「(絶対)無」も場所から起こったということに
なります。この考え方は多元宇宙(無数の有)を導くものですが、ポイントは「無」
とは「有無」の「無」ではなく「場所」であるとしたことです。
「空っぽのなにもない場所、妨げるものがなにもない場所」。妨げるものがないから、
ビッブバンも可能になるという寸法です。この考え方に立てば、ビッグバンの前に
あったものは「場所」ということになり、その後の膨張宇宙も「場所」のなかで
展開されている運動の一つ、ということになります。また、この「場所の論理」は、
宇宙だけでなく、すべての存在に適用される。たとえば「私」も「場所」のなかで
存在し、活動できているということになるかと思います。西田のこの哲学は仏教の
「無」や「空」の考え方を西洋リベラルアーツの論理、用語でどう表現するか試行錯誤
の上、到達した境地のようです。福岡伸一など、今、西田幾多郎を再評価する機運が
高まっていますが、その背景には、志岐さんがご指摘のように、キリスト教的世界観の
限界が見えてきて、それを超える世界観を模索しているかrだと思います。ただ、
文系の私は、西田哲学にしても妄想を膨らませることができても、推論が正しいか
見当はずれなものか、検証する術がありません。志岐さんのように、数学的、合理的な
思考の基本ができている方とこのような話題を交わせることは、たいへん勉強になります。
これからもよろしくお願いいたします。

[195] ビッグバン 投稿:志岐 明 2019年10月 1日(火)20時

多分おっしゃる通りでしょう。130億年前の我々の銀河の姿と見ているのでしょう。
ビッグバンの前には何もない。これは、車いすの科学者ホーキング博士の解釈。
彼の著書"HIsitory of Time"に書かれている内容です。膨張する宇宙。
時間を逆に進めれば最後は一つの点に収斂してしまいます。ビッグバンが実際に
あったであろうことは宇宙背景放射からもほぼ実証されています。でも、その前は
どうか。誰も分かりません。数学で言う特異点問題。解析譜能です。でも、
ビッグバンの時には宇宙は点であったかもしれませんが、膨大の無限大の質量を宿す
宇宙の種だったとすれば無から有が生じたとも言い切れないと思います。時間の話も
虚数まで考えるとうまく説明がつくということもあるらしいけど、私には到底理解
不能です。ただ言えることは西欧的世界観、特にキリスト教的世界観はもう時代遅れに
なって来た可能性はあるでしょう。

[194] 志岐さんに質問 投稿:山田武秋 2019年 9月29日(日)14時
2〜3日前、130億光年先の最遠の原始銀河団が発見されたというニュースがありました。
これはつまり130億光年昔の原始銀河団を観測したということになりますよね。
そうすると、現在の我々が属する銀河が、その原始銀河団が成長し、
進化した一部という可能性はないのでしょうか。すくなくとも、可能性ゼロとは
言えないと思いますが。
それと、ビッグバンの説明で、ビッグバンの前はないもない(時空はビッグバンによって
生まれたから)ということで、明快といえば明快ですが、この説明はどこまで科学者に
認知されているのでしょうか。何もないところから何かが生まれる、
つまり無から有が生じるという命題は、西欧社会においては論理的矛盾であり、

ありえないことであろうかと思います。そのあたり、現代物理でも数学でも、
論理学でもいいのですが、どのように説き、クリアしているのか、あるいは
クリアできていないのか、教えていただければうれしいです。

[193] 2019年9月 投稿:村谷@S54年卒 2019年 9月29日(日)08時


都合よき女《ひと》を天使と呼ぶ我は真の天使の声を避けるか

長男のスマホの写真は動物のみ人間不信か?問えども答えず


[186] 2019年8月 投稿:村谷@S54年卒 2019年 8月25日(日)17時


盛岡もエアコン頼る温暖化!欧州真似て子等よデモしろ?!

人こわす自然に拠れずリベンジを恐れ酷暑に自転車をこぐ

うつの妻、動かず家事に追われては会話もなかりし我は家政夫



[184] Re: 環境問題 投稿:山田武秋 2019年 8月19日(月)02時


志岐 明さん、「白堊歌会の部屋」へようこそ。
時事川柳、短歌、なかなか切れ味鋭いです。
今年は、猛暑のせいか、蚊がほとんどいません。
その代わりかどうか、蜂が大量発生しているらしく
この夏、二度も刺されました。
セミは、どうでしょう。今夏はうるさいと思ったことが
ありません(気がつかないだけかもしれませんが)
いずれにしろ、生態系がだいぶ変わってきたことを
実感する日々です。
また、鋭い作品をお願いいたします。




> 温暖化クマゼミの声北上す
>
> ザリガニよ絶滅するな頑張れよ 帰化動物とて貴重な自然
>
> 用水路 ドジョウ掬いは 過去の事 農薬漬けの沈黙の夏
>
> 蝙蝠もいないと困る団地の夕暮れ 蚊に刺されるのは小さな子供
>
> 静けさや脳に染み入る蝉の声 ヒグラシかな カナカナカナ

[183] 環境問題 投稿:志岐 明 2019年 8月15日(木)18時


温暖化クマゼミの声北上す

ザリガニよ絶滅するな頑張れよ 帰化動物とて貴重な自然

用水路 ドジョウ掬いは 過去の事 農薬漬けの沈黙の夏

蝙蝠もいないと困る団地の夕暮れ 蚊に刺されるのは小さな子供

静けさや脳に染み入る蝉の声 ヒグラシかな カナカナカナ

[181] 「白堊歌会RURU」8月作品 投稿:白堊歌会 2019年 8月 8日(木)13時


「白堊歌会RURU」 2019年(令和元年) 8月作品
※感想をこの掲示板にご投稿頂ければ幸いです。


長梅雨の
気うつを払ふ
ごと白き
カサブランカが
庭に際立つ
      吉田美雅子

手作りの
惣菜よこす
癌の母
孫に命を
渡し続けり
      村谷 尚

唐突に
「こう子」と言う名の友思い出し
漢字嵌めるも ピント来ず
あれこれ考えあぐね
疲れてどうでもよくなった
      ろろちち


病いのおかげで
見えないものが見え
友との衝突により
人としての処し方を学ぶ
苦しむたび強くなれた
      伊奈 裕

夏の農協の
素晴らしさ
藤枝バンザイ!
見渡す限りのいちじくに
思わず合掌
       はま栗

夜の川床
貴船の森
人々は牛鍋囲む
七夕飾り揺れ
天には星
      瀧津泉

腰にぶら下げる刈払機を
マシンガンに見立て
スロットル全開で振り回す
薬師丸ひろ子の
カイカ〜ンのノリで
      山田武秋

穏やかな北上川や
豊かな緑が
涼を
届けてくれる
ここ岩手
      青山すみれ

灼熱の
コートに響く
打球音
ラケット越しに
陽炎が立つ
      だいてんち




[179] 2019年7月 投稿:村谷@S54年卒 2019年 7月27日(土)21時


我が一票こたびも死票!バルザック=王党派なりき政治音痴ネ

圧勝の与党に入れるはどんな人?税、保険料増え手取り減るに

金あまりなぜ投資のみ?ばらまけばいいだろ幾らか、必要な人に

来週は皆勤しないと有休残少なくなりて老骨苦し

四十年、十分勤めた隠居したい。されど金なし年金まだ先

メルマガに会社の情報盛りこめど傍を楽にはしないカスかも

経済も人も増すのが前提の制度は改め若きに託せ、か

リベラルが終わった後はどこへ行く?ポピュリズムだけで安定するか

リアリスト!処分が怖くて切実な学費値下げのデモせぬ長子

凡夫みな政治に係わり不毛なり。君子危うきに近づかぬがよし


[178] ネット社会考 投稿:だいてんち 2019年 6月29日(土)09時


志岐明様 ネット社会をよくとらえていますねぇ。
最近の若い人たちは、誕生したときからネット社会で、おもちゃ代わりにスマホをいじっていますから、ネット万能と思い込んでいるふしがあります。でも、ネット情報は真実を織り交ぜた、ガセネタ(嘘・まやかし)がいかに多いことか・・・ 紙媒体の大切さをわかってほしいですね。

[177] ネット社会 投稿:志岐明 2019年 6月23日(日)20時


初めは、人がネットを考えた。
そのうち、人はネットで考えるようになった。
今は、ネットが人の代りに考える。
ネットに相談すれば答えは出るよ。
自分の頭で考えてはダメですよ。

こんな句で良ければ投稿します。

[176] 2019年6月 投稿:村谷@S54年卒 2019年 6月23日(日)07時


堀船に残りし枇杷よな熟《うれ》そ我を癒せよ鳥に食われず

我が町にみな外人の現場増え同化するかと不安になりき

五十路にてレオタード着てスケボーすM女医の来ぬ飲み会即去る

バス停の下のめんこい野の花よ吾《あ》をたしなめるか遅延に苛立つ



[175] 「白堊歌会RURU」6月作品 投稿:伊奈 裕 2019年 6月 7日(金)21時


「白堊歌会RURU」 2019(令和元年) 6月作品
※感想をこの掲示板にご投稿頂ければ幸いです。

ネモフィラの
友の絵手紙
受け取りて
四月冷えこむ
午後のゆたかさ
       吉田美雅子


平成、令和の
皇室発
「思いをいたす」
慈悲深く優しく染みる
美しい日本のことば
       ろろちち


すみれ踏みつつ交通整理
『お早う』って200回言った
自転車の子らに
『一時停止よ〜
ヘルメットつけて〜はいねー』
       はま栗


最北端の地、稚内
海の先にかすむ
望郷の地サハリン
引き揚げ船の赤ん坊も
今や70歳を超える
伊奈 裕


食、性、生と死
皆が思い煩っているものを
書いていくという
芥川賞作家沼田真佑氏
発想の秘訣は歩くリズム
        青山すみれ


人口減少に加え
AIの進歩で
急激に歳入減となる所得税
ロボット税が
導入される日も近い
  山田武秋


ほたる ひとつ
屋根の下
もう 帰れない
仲間たちの
いる闇には
        瀧津泉


緑深き渓谷
せせらぎに光る銀鱗
子らの歓声と水しぶき
のんびりと眺める
初夏のひと時
         だいてんち


百千鳥
同期のように
減りゆけど
終わりてなお生く
季節も我も
村谷 尚

*次回は9月

[174] 2019年5月 投稿:村谷@S54年卒 2019年 5月27日(月)20時


高熱のなか子がために弁当をつくれば往時の母の苦を知る

とにかくに生きるしかなく子の弁当作り見送り萎れて出社す

妃殿下に投石少年かつてあり!令和の格差の伏流見えず

落ち椿リストラのビルの内と外、当事者の痛み誰が知るらん


[173] 2019年4月 投稿:村谷@S54年卒 2019年 4月21日(日)21時


憲法に沿うただけの教科書を左傾と言うなと役員は吠え

小学校英語教科書見本来る。漢字も書けぬ我が子に重し

「殺された豚の哀しい味がする」何を思うてこの子は食らう

歳老いて社会や他人を思いやれん。いいんだべか、おら選挙に行って

裏町の名もなき春の抒情ゆく誰《た》がために咲く早咲きの梅


[172] 「白堊歌会RURU」4月作品 投稿:伊奈 裕 2019年 4月 8日(月)13時


「白堊歌会RURU」 2019(平成31年) 4月作品
※感想をこの掲示板にご投稿頂ければ幸いです。

萬葉集
探し当てた新元号の
出典の頁をめくれば
若き父の書き込み
すでにあり
はま栗


通院帰りの昼食は
老舗そばを愉しむ
「そば有り、人生楽し」
宣伝ポスターに納得
病気治るも一抹の寂しさ
伊奈 裕


町内の公民館へ
嚥下の強化などの体操指導に
参加の女性から
体操の先生と呼ばれ
背筋が伸びる
       青山すみれ


たい焼きにも
あるらしい
天然モノと養殖モノ
大量生産と
手作りの差で
 山田武秋


道に迷い
大型ダンプをよけて歩く
桜を目指して行けば
満開のアーチの下に
待っている両親
           瀧津泉


万葉の世の人々は
梅を愛づる宴を開き、歌を詠んだという
今年の春は
春爛漫と咲く花が
少しかすんで見える
          だいてんち


復興す
被災地に其の
面影なし
国は破れて
山河も残らず
  村谷 尚


デパートに
テナント増えて
なつかしき
大食堂は
過去となりたり
 吉田美雅子


「1Q84」の二つの月は
不気味な前兆
朧な美を讃えるべきか
白内障手術を決心すべきか
今、重なって見える二つの月よ
            ろろちち

*次回は6月

[171] 2019年3月 投稿:村谷@S54年卒 2019年 3月25日(月)22時


寂れゆく!帰省の度に耐えられぬ。都会の人混み嫌いな我が

捨て石も書き手がおれば目にふれて歴史に化けて世を動かすか

枯銀杏!鳥がさえずり興添える明治通りに春は近づく

月曜ではや疲れはて転寝す職場はハードぞ金までもつや

痔薬《じぐすり》を入れたら白き北斎の龍が出でて魂《たま》と逃げ出す


[170] 2019年2月 投稿:村谷@S54年卒 2019年 2月24日(日)14時


「平等に不平等です。誰しもが」言われてそうと気持ちを変える

「物まねも続ければいつかオリジナル」慰められてそうせんと思う

資本主義の危機と報じるBBC!十回を超えガス抜きを知る

郵貯さん儲かるならば自社で買え!民営化の果て手数料ばっか

月に行く金があるなら自社にいる非正規社員の賃上げしたら?

日本人がやりたくはない仕事ゆえ移民にさせる、それでいいのか



[169] 「白堊歌会RURU」2月作品 投稿:伊奈 裕 2019年 2月 9日(土)13時


「白堊歌会RURU」 2019 2月作品
※感想をこの掲示板にご投稿頂ければ幸いです。

光から
眺めれば
世界は「永遠の今」
私もあなたも
いずれ光となる
山田武秋



お隣の奥さまを誘い
「土に叫ぶ人」を観劇
土いじりの好きな奥さまも
この日は
うっすら化粧して
       青山すみれ



「還暦」を
まだ若かったと
思える日が来るかも
と、詠んだ10年前
来た、来た。 古希はしんどい
ろろちち



ゴンドラの窓越しに眺める
銀色の山の連なり
麓まで伸びるロングコースには
樹氷が白く輝く
今年も至福の日々がやってきた
        だいてんち



元旦より
ライバル企業の
LINE鳴る
ここまでするかと
空しくなりき
        村谷 尚



予報にて
明日は雨とふ
夕空に
飛行機雲の
すうつと伸びる
        吉田美雅子



娘の還暦を
冗談と思った父
そう言えば
私も彼を
禿頭(トクトウ)と考えてはいなかった
    はま栗



積雪という天気予報が
見事にハズレ
雪国育ちとしては
ちょっとがっかり
でもほっとする
伊奈 裕


*次回は4月


[168] 2019年1月 投稿:村谷@S54年卒 2019年 1月27日(日)21時


兄のようすべり続ける弟の中学受験ぞ轍踏む哀しさ

中学を落ち続けてもマイペース我より平静、愚息のほうが

入試には朝鮮を釣る風刺画あり不易は不易と昭和を自負すも

社会科で仲麻呂短歌の心情が出題されて私立を見直す

看護師は遠藤の黄褌《きふん》が好きなのと年初冒頭天然朗らか

今どきの男子は酒も下ネタも嫌いで寂し新年会去る


[167] 2018年12月 投稿:村谷@S54年卒 2018年12月25日(火)21時


さきたまの橋よりくっきり夕の富士スマホを押せどぼやけて写らず

木犀ロス!香りを壊した天候に恨みつのりて傘投げつける

故郷《ふるさと》の岩手の鉱山《やま》で核廃棄貯蔵の記事読む怒りが止まらず

うつの妻「生きるに値しないから」繰り言を聞き我が事と倦むも

病みし妻に代わりて洗濯たたむ子等手際がよくて仰天見直す


    表示スキップ:  

記事No 変更キー

- CLIP BOARD -